HOME>アーカイブ>手持ち物件を上手に売るために気をつけたいこと
アパート

事前にすべきことと申し込みについて

一棟マンションの売却に際しては、まずは賃貸契約書を準備します。賃貸による収益は購入希望者にとって重要な事項なので、これは優先的にやっておくべきでしょう。次に、税金面の確認と、水道・光熱費のチェックもしておきます。これらは言わばランニングコストになってくるため、しっかりと把握して行くことが大切。他にはガス会社との契約や、インターネットなどについても書面を準備していきます。加えて、エレベーターや消火設備の保安履歴も用意しておくべきでしょう。一通り揃えたら、宅建業法における重要事項説明書をまとめていくのが効率的と考えられます。準備を終えて物件を市場に出したら、購入希望者から買い付け申込の書面が送付されてきたりします。これは本契約ではないのですが、商談中になるために、他の購入希望者よりも申込者を優先して扱うのが一般的です。申込書には基本として、ローンを使うかどうかや、希望購入額などが表記されます。

お金のことや実際の口コミなど

まず、一棟のマンションを売却するために必要な費用を見ていきます。測量費用や印紙税の他に、仲介手数料や司法書士報酬などが必要になってきます。これらは売却する物件の価額で、費用が変わってくるものが多いので注意してください。高額物件ほど、費用も高くなりやすいのです。費用を確認したら、次に気になるのは物件売却の相場ではないでしょうか。いくら位で売れるのかを把握すれば、コストを払っても黒字になるかどうかの判断がしやすいです。しかし、マンション物件は立地や築年数の他に、色々な要因で価格が変わってくるのが特徴。このために相場を調べるには、不動産情報サイトで、似たような物件の売り出し価格を確認してみると良いでしょう。最後に物件売却に関する口コミですが、成功もあれば失敗もあり、それぞれに悲喜こもごもと言ったところです。売却を成功させるには、頼れる不動産会社を選んで、サポートを受けることが大切と考えられます。